HOME > オーナーシェフ高濱のストイックでちょっといい話

オーナーシェフ高濱のストイックでちょっといい話

海外旅行

海外旅行の話をスタッフと楽しんだ
新婚旅行に行きたいので様々な地域から選んでいるそうだ
カナダ、アメリカ、イタリア・・・私も程々に行っている多いときは1年に2、3度
ただ観光での旅行は経験が無い趣味を楽しむためだけに現地へ行く・・・
ともあれ経験が多いのに変わりない
空港の話や飛行機からの景色、現地でのトラブルや発見など
記憶をたどりながら話をしている
あまり思い出を話さないのだが楽しい
何処に行ったときも楽しい思い出しかない
短い時間を精一杯使いぎりぎりまで楽しんだ
何処に行こうとしているのか
二人で決めたところならば大きな思い出になり経験になる
最初で最後?そんなこと考えずに
今回行かなくても次回に行けばいいそれがだめならその次
二人の時間は始まったばかり





何故

数日前から隣国のミサイル発射するかもしれない報道が目立つようになってきた
隣国の主は本当にそれでいいのだろうか?発射し他国に被害が出ると・・・
考えただけでも恐ろしい

平和がどれだけ尊いものか
どんなに貧しくてもどんなに大変でも
平和であれば希望が夢が未来が
平和でなければならない
争いは憎しみを生み出す愚行
我々は昨日までの過ちを
繰り返してはならない
お互いを理解し尊重し合う
平和でなければならない
今このときから変わらなければ
今日より明日そして未来へ
私が切に望む事である






お客様が桜の写真を撮りに行った帰りに来店されました
姫路城の堀を船で回っていただけるそうで船上から見上げるような写真だそうです
だそうです・・・?見せてもらうの忘れています(泣)
次回に期待です
咲き誇っているその様は大小関係なく綺麗で目を奪われてしまいます
その様が何処か切なく見えてしまうのは私だけででしょうか?
心を動かされます
その桜を見れた事に感謝
今年もありがとう

口コミ

私は飲食店の口コミサイトを信用しない・・・何故って?
「口コミする方の個人的な意見だから別にいいと思うけど」そんな意見もあるでしょう
しかし1個人の評価なのにそのお店のすべてのように思われているのも事実です
実際にそのお店に行って感じたことなのかもしれない
でもそれは本人が感じたことで他人に共感を求めるものではないと思う
大半の口コミサイトは営利目的で運営されており何らかの意思がそこに存在するメディアなのです
たとえばテレビ番組で視聴者から投稿がありそのお店を使う場合お店に利用の目的を説明し許可を得てから使います
しかし口コミサイトは無断で使っています
運営会社が広告収入を得て管理しているのだから個人の投稿であってもお店の許可を取るべきです
まずその口コミが事実かどうかの確認すらしていないのが現状でしょう
虚偽の口コミや過大な評価であってもお店から指摘されなければ載せ続けるわけですから・・・都合がいいですね
各企業任せでなく業界で規制や倫理を考える時代ではないでしょうか
口コミをする側もされる側も気持ちよく利用できないものでしょうかね
そんな時が来たら私も利用するかもしれませんね

・・・良くも悪くも話題になるのは良い事なのかな・・・


アルデンテ

先日来店されたお客様との会話

「シェフ、アルデンテってどんな感じ?」
「パスタの中心に髪の毛程の芯が残る状態ですよ」
「でもこのお店は数種類の太さのパスタを使い分けてるけどその場合も同じなん?」
「そうですね~違います・・・言ってしまうと好みで硬さは調整すればいいと思いますよ
私はソースによって柔かめ固め使い分けています。短期でお世話になったイタリアのお店でもそうでしたよ」
「そうやんな、僕は柔かいのが好きやな硬いのは苦手やわ」
「本場イタリアでも家庭、お店ごとに硬さが違っていてホント好みですよ
この硬さで無いとだめなんて事は無いと思います。僕もそうしてますよ」
「自由やな~」
「いやいやそれがイタリアンの魅力の一つで懐の深さですよ」

そんな会話を交わしつつジビエとワインをお楽しみいただきました
私は少し柔かめのアルデンテが好きですね

始めました

初めまして、オーナーシェフの直ちゃんです
12年を目前に自店のホームページⅡ(シェフ)始めます※ホームページⅠ(マンマ)も宜しくお願いしますhttp://www.pieno.jp
今ご覧頂いているホームページⅡはリアルタイム情報をお客様にお届けいたします
些細なことから大きな話題まで幅広くコアに切り込む饒舌シェフのチョットいい話
・・・お楽しみに
基本的にはシェフ個人の感想でありつぶやきです
軽く聞き流していただければ幸いです


<<前のページへ123456789

アーカイブ

このページのトップへ