HOME > オーナーシェフ高濱のストイックでちょっといい話

オーナーシェフ高濱のストイックでちょっといい話

解釈

止まることのない時間の中で
一瞬だけを捉え変えていく
本当にそれで良いのだろうか

集団的自衛権(武力行使)を容認
そんな事は何十年も前にその過ちに気付き選択肢から除外してきた
武力によって得る物よりも失う物のほうがはるかに大きく尊い事を知っているからだ
日本国は民主国家の理想を掲げる世界で唯一の平和憲法を持つ国になり
それを守り続けている
もし守れなければ・・・

解釈とは
物事の意味を受けての視点で理解したり説明したりすること

私達は考えなけねばならない
止まることのない時間の中で
過去を糧に未来を

みんな初めての人生を歩んでいるのだから















悔しい

ある中学生の作文(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空気

 情報社会である現在、毎日膨大な情報が流れてくるが、必ずといっていいほど目にする記事がある。
それがいじめ問題だ。「中学の男子生徒がいじめにより自殺しました」などと言う事件が起こるのが
最近当たり前と思う人が増えていると思う。

 いじめの加害者の気持ちを創造してみた。主な理由は二つほど有ると考えられる。
一つ目は、いじめと言う行為が楽しい。「相手の反応が面白い」などがよく細くとして付け足される。
このての加害者は恐らく、自分がその苦痛を知ることでしかやめないだろう。
二つ目は、周りの友達に合わせているからだと考えられる。
そう、ほとんどの人が自分が嫌われないように生活しているのだ。
もし、少しでも友達が嫌いな子に優しくすれば、そのことを責められ、
今度は自分がいじめの対象になるのではないかという不安と恐怖にかられる。
その連鎖が起こるから、周りの人に合わせるといじめが起こると可能性があると思う。
もっともたちが悪いの後者のほうだ。なぜなら、いじめが完全に終わることがほとんどないからだ。
対象者が変わってもいじめは続く。

 では、いじめの原因は何かを伝えよう。それは「空気」だ。
これが目に見えないものだから恐ろしい。
いじめをしなければ自分がやられてしまうかもという空気、いじめに参加しないといけない空気。
いじめの加害者、主犯でさえも空気によって動かされているのだ。

 この問題を解決する方法はただ一つ・・・・・・。
みんなが親友になることだ。そう、実はすごく簡単なはずなのだ。
人の笑顔は人を笑顔にし、その笑顔がまた別の人を笑顔にすると思う。
僕の好きな歌にこういう歌詞がある。
「空気なんてよまずに笑っとけ、笑顔笑顔、笑うかどには福来たる」。
暗い顔をしていてもいいことは起こらない
学校で習う数学の公式や英単語を忘れても、
笑顔の大切さだけは忘れないでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あの人嫌い。あなたもそうでしょ?」と言われたら「いいえ」と応える勇気はあるだろうか?
「人間というのは自分より下の人間がいないと不満をもつものだ。」
「偏見やおくそくだけでその人の性格を決めつけるのはよくない。笑顔で話さなければ相手の性格はわからない。」
とも書かれていたそうです

何が出来るかを・・・
今は
悔しい
話くらいなら聞ける
笑顔で話せたのに
私に何が出来るか?解らない
ただ傍観者にはなりたくないんだ







師へ

「師を持たない孤高のシェフ」

それが私の精一杯背伸びした肩書き
そんな私にも唯一、師と呼べる?方々がいる
料理ではなく
食の世界の楽しさを教えてくれた
最初は遊びで手伝っていた
初めて感じる仕事の感覚?
小さなお店の小さな厨房
すぐに熱くなり活気ずく
笑いが絶えない真面目じゃないんだ・・・
でもなんだ?何か違う?
真面目じゃダメなんだ!真剣なんだ!
このピリッと張り詰めた感じはそれ
その中の喜怒哀楽
ゆるい時も張り詰めた時も
その独特な空気感の虜に私はなったのかもしれない・・・
面白い
すぐにそんな感情になったのは言うまでもない
今の私があるのは
あの時の経験があるから
自分らしく
独学で
遠回りかもしれない
でも自力でやってみたいんです

 

また・・・

また
小さな子供が亡くなりました
ごはんを十分にもらえなかったそうです
なんで?
育児放棄?そんな綺麗な言葉でまとめるな!
家で一人で亡くなったそうです
大好きだったはずなんですお父さんが!
お父さんしかいないんです!
なんで!なんで!
寂しかったやろ?おなかすいたやろ?
最後までお父さん来てくれるって信じてたやろ?
それやのになんで?

また・・・
人は何故繰り返すのでしょうか?
もうこんなの聞きたくないよ・・・

天国で
いっぱいご飯食べて
優しさに包まれて
笑って
幸せに

大人として社会の一員として
何もしてあげれなかった・・・

ごめんね 

憲法記念日

憲法記念日5月3日

この国の基本的なあり方を記した憲法
変えるとか・・・
変えないとか・・・
良いのかな?
昨今の過度なナショナリズムが気にかかる
良いのかな?
本当に平和的なのかな?
本当かな?

私はNO!
変えない!
憲法を守る=平和を守る
日本にしかない
平和憲法
積極的平和主義とは
愛国心をあおる事や改憲する事ではなく
この平和憲法を守り世界に広める事
私はそう思う


何で?

今回はちょっと難しい話を・・・
知らない方も多いと思います・・・

消費税はもともとこの国にはありませんでした
バブル景気崩壊後、減り続ける税収、役人の甘い先行きの予想
増える社会保障費など等
国を維持する為に「社会保障費に・・・」を名目に導入されたしされているはず
3%⇒5%⇒8%⇒10%?
んっ?
少し税の事を調べると何だ?
法人税もほぼ同時期に国会で何やら・・・
減税?目を疑った
消費税を導入(税率アップ)後に何故か引き下げられている
なんで?
大手企業(輸出入額が大きい会社)にとてはいい話である
物が動かなくても収める法人税が減っているので消費税が上がってもあまり業績に変化が無い
政府にとっては好都合!
国民に対し増税したのに業績が変わっていない=景気が良い?
あれ~なんか変でしょ?
消費税導入後 景気って良くなりましたか?
社会保障充実していますか?
将来の不安はなくなりましたか?

消費税導入後200兆円ほど税収があったそうです
逆に法人税はほぼ同額の減税
大儀は「社会保障に・・・」

・・・そらあかんわ




春詩

ひさかたの 光のどけき 春の日に
    静心なく 花の散るらむ

日々の生活に
この詩を重ねてしまう
この詩がそうさせるのでしょうか?
それとも季節でしょうか?

桜は下向きに花を咲かせるそうです
まるで私たちを観ているよう
見上げ愛でる見つめ合う
咲く花も散る花も落ち着いた心で
そんな時間が
今の私たちには必要なのかもしれません






 

閉幕 感動再び

ソチパラリンピック終わってしまいました
選手に感謝
閉会式のテーマは「不可能を越える」

各国選手の競技に対する真っ直ぐな愚直な姿勢に
チャレンジする事の大切さを再認させられました
決して忘れているわけではないんだけれど
日々の生活や仕事のせいにしてチョット甘えている
そんな自分が恥ずかしく思えた

「Inpossible(不可能)⇒I‘m Possible(私はできる)」

やるぞ!
感動をありがとう


開幕

始まりました ソチ パラリンピック
観られましたか?
オリンピックとはまた一味違った開会式でしたね~
「集団行動」凄かった
日本体育大学のあの集団行動です
それを現地の方が行っていました
もちろん指導されていたのは日体大のk氏です
国を越え国籍を越え伝わる思い
参加している各国選手に届け
世界に届け
オリンピアンの心



感動 閉幕

閉幕しました ソチ五輪
様々な競技がストーリを生みだす
様々な感情が入り混じる
純粋に競い合いうその姿に心を動かされる
想像できないほどの重圧と緊張
伝わる
心の振るえ気持ち
結果ではない
その心に感動する
ありがとう

アスリートたちが作り出す全てのシーンに
感涙です
湧き出る涙
がむしゃらだった頃を思い出す
なんか懐かしい・・・
ありがとう









<<前のページへ123456789

アーカイブ

このページのトップへ